フェスのドリンクスタッフという変わったバイトをしていました

フェスのドリンクスタッフのバイトをしていた東京都在住のCさん

そのバイトの仕事内容

秋頃に行われた大型室内ロックフェスのドリンクの売り子で、すこし際どい目の衣装を来てお客さんにお酒やソフトドリンクを提供するおしごとです。1日中立ちっぱなしでお酒を提供するのでわりと体力がいるお仕事です。

そのバイトをしようと思ったきっかけ

お世話になっているスタッフさんからフェスのドリンクの売り子をやってみないかというお誘いがあったので参加しました。仲の良い友達と一緒にお仕事が出来るので楽しそうだな!と思いこのお仕事をしようと決めました。

そのバイトをして良かった点

フェスのドリンクということで目の前でフェスを見ながらお仕事ができたことがとても良かったです。音楽が好きだったので音楽を生で聞きながらお仕事をし、お金がもらえるということがとても良かったです。お酒の種類も覚えることが出来ました。

そのバイトをして困った点や嫌だった点に

フェスなので1日中立ちっぱなしだったことと音楽の音が大きくて何日間か耳がボーとしてしまったことがすこし困りました。外国人が多いフェスだったので、英語で頼まれたりすると聞き取れないことがあり大変でした。

岡山~新大阪間の新幹線内のゴミの回収のバイトをしていた岡山県在住のDさん

そのバイトの仕事内容

2人1組で2組が新幹線に乗ります。客席を2人で回って一人はゴミを入れるワゴンを押して、一人はお客さんから手渡しでゴミを受け取ります。前半分と後ろ半分を1組ずつが担当します。デッキにあるゴミ入れのゴミも回収と、洗面台の簡単な掃除などもします。

そのバイトをしようと思ったきっかけ

ピンクと灰色でキュロットの制服で、母が制服が可愛いからどうかと勧めてきたからです。 求人誌にアットホームそうな写真を載せていたのと、ちょっと変わっていて面白いかもと思って応募しました。 同じくらいの女性ばかりなのも良かったです。

そのバイトをして良かった点

休憩時間に新大阪構内で買い物出きたので、短時間ですし自由も少ないですが交通費無しで大阪に行けたのは良かったです。 あと、ゴミに出されていた雑誌を休憩所に持って帰って読めたので、毎週色々な雑誌を読めて良かったです。

そのバイトをして困った点や嫌だった点に

2人組で作業するので話しかけても返事しなかったり、話し方がきつかったりするいじわるな人と当たると一日が苦痛でした。 あと、年末年始など満員で作業が出来ない時でも、乗車はしないといけなかったので肩身が狭くて嫌でした。 新幹線に遅れが出た時もずっと帰れなかったりして大変でした。

↑ PAGE TOP